親愛なる僕へ殺意をこめて ネタバレ無料 

親愛なる僕へ殺意をこめて

親愛なる僕へ殺意をこめて漫画の表紙

主人公のエイジは、どこにでもいるような学生だった・・・

 

ただ1つだけ違うのは・・・彼が殺人鬼の息子だという事だった・・・

ebookで読む

コミストで読んでみる

親愛なる僕へ殺意をこめてのあらすじ・・・

 

主人公のエイジは、どこにでもいるような学生だった・・・

 

 

普段 生活するには問題なかったが、いつしか記憶が飛ぶようになっていた・・・

 

 

いつの間にか隣で横たわる彼女・・・

 

 

彼女は何気なく話しかけてくるがにはエイジ記憶がない・・・

 

 

昨日はツレと女の事飲んでて終電で帰ってきて・・・

 

 

そのまま寝たはず、俺 一人だけで・・・

 

 

だけど朝、起きると俺の隣には美女が寝ていた・・・

 

 

彼女の名は雪村京花・・・同じ大学に通ってて大学内でも目立つ美人だから覚えてる・・・

 

 

しかも俺が告白してつきあうことになったって?

 

 

まったく身に覚えがない・・・

 

 

大学で友人に会い、話をしてみると いつのまにか3日が経過していた・・・

 

 

一応 整理してみると・・・

 

 

俺の中では今日は10月24日の月曜日のはずだった・・・

 

 

だけど実際の日付は10月27日の木曜日・・・

 

 

どういうわけか俺には、この3日間の記憶がまったくない・・・

 

 

そんな彼をフリーラーターがつきまとう・・・

 

 

そして時は過ぎ、ものすごい拷問の痕の遺体が発見される・・・

 

 

時が過ぎ・・・エイジの部屋から万札が出てくる・・・

 

 

場所を探してみると札束と血みどろのバットが発見された・・・

 

 

抜け落ちてる記憶の中、俺は何をしたんだ?・・・

親愛なる僕へ殺意をこめての続きが気になったら・・・

親愛なる僕へ殺意をこめて漫画の表紙

ebookで読む

コミストで読んでみる

コメント