火葬場のない町に鐘が鳴る時 ネタバレ無料

火葬場のない町に鐘が鳴る時

 

火葬場のない町に鐘が鳴る時の漫画の表紙

 

小さな町を舞台に、夕方 鳴り響く鐘の音・・・

 

鐘の音が聞こえたら決して夜明けまで外に出てはいけない・・・

 

気になったら読んでみてください

コミストで読んでみる

火葬場のない町に鐘が鳴る時のあらすじ・・・

 

子供の時の事を思い出す・・・

 

 

10年後・・・

 

 

みとず町 人口 約6千人。山奥の狭い狭い町・・・

 

 

僕たち一家は、この町へ10年ぶりに帰ってきた・・・

 

 

父の転勤での発端だが、ワクワクしていた・・・

 

 

町に着くとワクワクがドキドキに変わってきた・・・

 

 

父からの言葉が気にかかる・・・夜の習わし?

 

 

少し散歩しながら昔の事を思い返す・・・

 

 

記憶を頼りに歩いてみると・・・昔の知り合いの家はマンションに変わっていた・・・

 

 

壊れた自販機を見つけ思わず懐かしむ・・・

 

 

そのまま歩きながら携帯を確認しているところで火事を発見!

 

 

屋根の上にいた店員と協力し火事を消し止めたところで昔話に花が咲く、ケンカを交えながら・・・

 

 

そんな時、時計が6時を告げる・・・

 

 

そんな時、みとず町の習わしを語りだす・・・

 

 

覚えてる? みとず町では日が暮れたら誰も外に出歩かないこと・・・

 

 

それって名信者なかったの?

 

 

アンタが、この町から出た後ひとつ とても大きな変化があった・・・

 

 

夕方6時を過ぎると町には不思議な鐘が鳴る・・・

 

 

その音を聞いたら夜明けまで絶対 外へ出てはいけない・・・

 

 

冥奴様が迎えに来る・・・

火葬場のない町に鐘が鳴る時の続きが気になったら・・・

火葬場のない町に鐘が鳴る時の漫画の表紙

気になる続きは、こちらから・・・

コミストで読んでみる

コメント